「目の疲れ・ドライアイ」について

 

目が疲れて涙がでる、痛くてつらい・・・、ひどくなると頭の奥まで痛む事もあります。

 

また、目が乾いてしかたがない、まぶたが張り付くなどの、ドライアイの症状に悩む人も増えています。

 

 

「目の疲れ・ドライアイ」の原因

目の疲れ、目の乾きはともに卵巣機能が衰えて、女性ホルモンが低下することによっておこりやすい症状になります。更年期になるとあらわれる症状でもあります。長時間のパソコン作業や会社でのストレス、エアコンの影響などの原因もありますが、女性の場合は、体調を保つのと同様に、瞳の潤いを保つのは、エストロゲン(卵巣ホルモン)などの女性ホルモンになります。

 

この抗酸化成分エストロゲンが減少すると目は疲れたり、ドライアイになります。目が疲れて涙が出るのは、実は目が乾いているからでドライアイの症状と同じことなのです。ほかにも、冷え、イライラ、ほてりなど、更年期症状のような体調不良がたくさん出ていたら、原因は女性ホルモンの低下でしょう。ほかにも、かすみ目や目の調節機能の低下なども、女性ホルモン低下のいち症状になります。

 

 

「目の疲れ・ドライアイ」の改善法

目の疲れ、ドライアイには、ストレスをためないことが大切になります。ほかにも不調症状がたくさん出ていたら、女性ホルモンのバランスをよくするために、低用量ピルやホルモン補充療法を行うと症状が改善することもあります。

 

また、ほかにもホルモン活性を高めるサプリメントなどで補ってもいいと思います。眼には色素を補う栄養素が有効で、ブルーべりー成分やカロチンなどが含まれているものをおすすめします。

 

 

日常生活においてのアドバイス

眼を休ませるためには、休養をとることが第一になります。半身浴で目を閉じてゆっくり入浴してから眠ります。パソコンに向かう時間はつい長くなりがちですよね・・・。

 

リミットを決めて、特に夜は早めに切り上げましょう。長時間連続して画面を見つめないように一時間に一回をストレッチをしたり、首を回したり休憩を心がけてください。

 

緊急措置としては、目の温冷湿布も効きます。熱めの蒸しタオルをかために絞って目に当てて、少し圧迫しながら目を温めます。しばらくしたら、冷タオルで作った冷たい湿布をあてます。温シップと冷シップを交互に当てますと、血行がよくなります。