気付かないうちにどんdん進行しちゃう「貧血」について

 

駅の階段を上るとすぐに息がきれてしまう、疲れやすく風邪をひきやすい、お肌がなんとなくくすんでいる、目の下にクマができやすい、頭がクラクラする・・・、などなどこんな症状は貧血の証拠です。

 

 

貧血の原因

若い女性は生理時の出血過多が貧血の原因となっていることがほとんどになります。血液は全身を流れ、体温を保って血液と一緒に酸素も運びます。

 

貧血の程度は血液中のヘモグロビン値で測りますが、貧血だと血液濃度が薄いために、酸素を十分体内に行きわたらせることができません。いわば、体内が酸素不足になってしまいます。酸欠状態が長く続くと、心臓に負担をかけて心不全や心臓誇大などの重大な病気を引き起こします。

 

貧血はすぐに治療することが必要にあんります。また、子宮内膜症、子宮筋腫などが生理の出血を増やしていることもあります。さらには、胃潰瘍やじいによる貧血も考えられます。

 

 

貧血の改善法

成人女性のヘモグロビンの正常値は、12〜16になります。一回の生理でヘモグロビンが10以下に落ちる人もいます。こうなると、駅の階段を上るだけで息切れしたり、クラクラしてしまいます。

 

風邪もひきやすく、疲れやすくなります。このような貧血症状を自覚したら、すぐに受診するようにしましょう。

 

貧血は自分で気づかないことも多いので、生理の出血量が多かったり、息切れ、ふらつき、疲れ、風邪をひきやすい、肌のくすみ、乾燥などの症状が続いたら、血液検査で調べてみましょう。

 

子宮内膜症や子宮筋腫が原因で、貧血になっているのなら手術が必要かどうか、よく医師に相談してみてください。

 

貧血は、鉄剤を服用することでかなり改善できます。鉄分がからだに十分行きわたって貧血状態が改善すると、驚くほど体調がよくなって息切れ、疲れなどがなくなります。子宮筋腫や子宮内膜症治療には、経血量を少なくするために低用量ピルを処方することもあります。

 

漢方薬が有効な人もいます。ホルモン剤で卵巣機能を低下させて卵巣から分泌されるエストロゲン(卵巣ホルモン)量を抑える方法もあります。エストロゲン量を抑えて生理を止めて子宮筋腫や子宮内膜症が進まないようにします。ただし、長時間使うと、骨量低下などの副作用がありますので、長く使える治療薬ではありません。

 

それに比べて低用量ピルは作用は穏やかですが、数年〜数十年と長期に使えます。

 

医師とよく相談して、貧血の原因をつきとめてしっかり治療しましょう!

 

もちろん、貧血を解消するためには日常生活のケアも大切になります。

 

 

日常生活においてのアドバイス

ビタミン群のひとつ葉酸の欠乏で、貧血になるケースもあります。貧血がわかったらビタミンB群を補給しましょう。また鉄の欠乏による貧血の人は、鉄分の補給が必要になります。鉄はビタミンCがないと吸収されないので、鉄と一緒にビタミンCもとりましょう。

 

鉄は体内でリサイクルされるミネラルなので必要量だけ補給すればOKです。出血量が多い、食事が十分でない人はサプリメントで補給しましょう。

 

最近、花粉症ケアのハーブサプリメントとして注目されているイラクサはとても鉄分の多いハーブになります。パセリ、クレソンなども鉄分がいぱいです。ミネラルを豊富に含む海草、ひじきも鉄分補充にうってつけの食材になります。ひじきは、色を真っ黒に仕上げるために鉄の窯で炊かれるので、素材プラスαの鉄分まで期待できます。

 

中国産の乾物で、茶色のわらびのような金針菜という食材も注目です。乾物売り場や中国食材売り場にあります。ほうれん草の20倍の鉄分を含んでいます。ゆでたり炒めたりして食べてください。